上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Rift Grateより,2.6以降で予定されているWarriorとRogueの変更点に関する情報です。あくまで現時点におけるPTSでの内容ですので,色々修正される可能性があることにご注意ください。
 TankのThreat生成に関するアップデートがメインで,昨今のStatsアップによるDPS向上とのバランス取りですかねー
Rogue

■PTS入り
Riftstalker
・Acquittal(新能力):6秒間,対象のメンバーの被ダメージ量の50%をInterruptする。32ポイントのRoot能力。
・Shadow Distortion(新能力):ダメージ能力によるThreat生成量が,自身のEndurance値に基づいて増加する。40ポイントのRoot能力。

■検討中
Riftstalker
・Planar Reversal:クールダウン20秒の,範囲10mのAoE Tauntに変更。

Warrior

■PTS入り
Paladin
・Amnesty(新能力):メンバー1人を対象とするBuff。対象メンバーのThreatを取り除き,6秒間,生成するThreatの100%を自身に転送する。20ポイントのRoot能力。
・Divine Edict(新能力):ダメージ能力によるThreat生成量が,自身のEndurance値に基づいて増加する。40ポイントのRoot能力。

Void Knight
・Impunity(新能力6秒間,対象のメンバーの被ダメージ量の50%をInterruptする。32ポイントのRoot能力。
・Void Presence(新能力): ダメージ能力によるThreat生成量が,自身のEndurance値に基づいて増加する。40ポイントのRoot能力。

Riftblade
・Burst Synergy:Attack Pointの獲得時に追加で2つのAttack Pointを獲得しなくなりました。その代わりに,次に使用するBurstが3回適用されるようになりました(Instead makes your next burst able to be applied 3 times)。

Thoughts on スポンサーサイト[PTS情報]今後予定されているWarriorとRogueの変更点

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。